トーレス・デル・パイネ国立公園のパイネ・グランデ山群(左側)と「パイネの角」クエルノス山群(中央)

Torres del Paine,Chile

トーレス・デル・パイネ国立公園(トーレス・デル・パイネ山群と氷河湖)

トーレス・デル・パイネ山群と氷河湖の絶景に感動

自然の絶景が迎えてくれる 憧れのパタゴニア

パタゴニアハイキングの玄関口、有名なマゼラン海峡のあるプンタ・アレーナス空港に到着。翌朝、早朝に専用車で出発して約4時間、どこまでも続く大平原、パンパをひたすら走る。遠くに見えた岩峰群の山々は徐々に近くなり、公園事務所を通過して憧れの「トーレス・デル・パイネ国立公園」に入る。宿泊するホテル前の広い草原の前に現れたのは見事に切り立ったパイネタワーの数々。中央に「パイネの角」と言われるクエルノスが聳え立ち、左には最高峰パイネ・グランデの山容。初日から憧れ続けていたパタゴニアを代表する岩峰が迎えてくれた。まさに夢のよう。「ついに来た!」という感動の瞬間だった。

「トーレス・デル・パイネ国立公園」は大阪府よりもやや小さい面積で約1630㎢、平均気温6.5度、西側は降雨、降雪が多く東側は絶えず強風が吹く厳しい気候だ。氷河によって削られた3000m級の花崗岩の岩峰が続き、天候は目まぐるしく変わる。ハイキングコースは「トーレス・デル・パイネ」「フランセス谷」「グレイ氷河」「Wコース」や1~2時間のコースも数多くあり、どこを歩こうか選ぶのに迷うほど。